検討中のお客様はこちら

0120-50-6065

10:00〜19:00
土日祝、年末年始除く

お申し込み

ラージオブジェクトアップロード(Dynamic Large Object)

Description

5GBより大きいファイルをアップロードする際に使用します。
オブジェクトを5GB未満のファイルサイズに分割してアップロードし、仮想的なひとつのオブジェクトとしてダウンロード可能とします。
なお、ダウンロードする際はマニュフェストファイルを指定してください。

Request URL

ObjectStorage API v1

PUT /v1/gpu_{account}/{container}/{object}

Request Json

This operation does not accept a request body.

Request Parameters

Parameter Value Style Description
X-Auth-Token Userトークン header トークン発行 にて払い出されたID
account テナントID URI API情報を確認する にてご確認ください。
container コンテナ名 URI アップロード先の任意のコンテナ名を指定します。
object オブジェクト名 URI 任意のオブジェクト名を指定します。
X-Object-Manifest (Optional)   header オブジェクトストレージ上にあるマニュフェストファイルに紐付ける分割したファイルを指定します。

Response

  • Normal response codes
201

Example

  • Request
curl -i -X PUT \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-H "X-Object-Manifest: セグメントファイル用のコンテナ名/セグメントファイル名_" \
https://object-storage.gpu-sys.cloud/v1/gpu_テナントID/マニュフェストファイル用のコンテナ名/マニュフェストファイル名 --data-binary ''
  • Response
HTTP/1.1 201 Created
Last-Modified: Sun, 09 Aug 2020 08:07:34 GMT
Content-Length: 0
Etag: d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: txd52f0bedcee7487cadb7b-005f2faec5
Date: Sun, 09 Aug 2020 08:07:33 GMT

Using

  • 1.ファイルを分割し、セグメントファイルを作成します。
     ※以下では6Gの「largefile」のファイルを3G単位で分割します。
split -b 3G largefile largefile_
  • 2.マニュフェストファイル用のコンテナを作成します。
     ※以下ではコンテナ名を「dlo_container」とします。
curl -i -X PUT \
-H "Accept: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
https://object-storage.gpu-sys.cloud/v1/gpu_テナントID/dlo_container
  • 3.手順1で作成したセグメントファイル用のコンテナを作成します。
     ※以下ではセグメントファイル用のコンテナ名を「dlo_container_segment」とします。
curl -i -X PUT \
-H "Accept: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
https://object-storage.gpu-sys.cloud/v1/gpu_テナントID/dlo_container_segment
  • 4.手順1で作成したセグメントファイルを手順3で作成したコンテナへアップロードします。
     ※ここでは対象ファイルが2個をあるため、2回実施します。
curl -i -X PUT \
-H "Accept: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-T largefile_aa \
https://object-storage.gpu-sys.cloud/v1/gpu_テナントID/dlo_container_segment/


curl -i -X PUT \
-H "Accept: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-T largefile_ab \
https://object-storage.gpu-sys.cloud/v1/gpu_テナントID/dlo_container_segment/
  • 5.手順2で作成したコンテナにマニュフェストファイルを作成します。
     ※ここではマニュフェストファイル名を「manifestfile」とします。
curl -i -X PUT \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-H "X-Object-Manifest: dlo_container_segment/largefile_" \
https://object-storage.gpu-sys.cloud/v1/gpu_テナントID/dlo_container/manifestfile --data-binary ''