検討中のお客様はこちら

0120-50-6065

10:00〜19:00
土日祝、年末年始除く

お申し込み

1つのNICに複数のプライベートIPアドレスを設定する

仮想サーバーにアタッチ済みのプライベートネットワーク内のプライベートIPアドレスを複数設定する方法をご案内します。

なお、プライベートネットワークがアタッチされていない場合は、以下手順にてプライベートネットワークをアタッチの上、本手順を実施ください。

プライベートIPアドレスをアタッチする

 サーバー側の設定手順(CentOS7系の場合)

[ 1 ] 対象のネットワークインターフェースの設定ファイルに「IPADDR1」と「PREFIX」を追記します。
「PREFIX」は対象ネットワークのサブネットマスクをCIDR形式のプレフィックス(例:/24)で指定します。
また、以下ではデバイス名が「eth1」の場合とします。
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

DEVICE=eth1
TYPE=Ethernet
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
HWADDR=MACアドレス
IPADDR=プライベートIPアドレス
NETMASK=サブネットマスク
IPADDR1=追加するプライベートIPアドレス
PREFIX=CIDR形式のプレフィックス
[ 2 ] ネットワークのリスタートをします。
# systemctl restart network
[ 3 ] 設定が反映されているか確認します。
# ip addr show


本リファレンスはGPUクラウドにてサーバーをご利用いただく場合の一例であり、お客様の運用やポリシーによってその限りではございません。
お客様のご利用用途に応じて必要な設定や操作をおこなってください。