検討中のお客様はこちら

0120-50-6065

10:00〜19:00
土日祝、年末年始除く

お申し込み

プライベートIPアドレスをアタッチする

コントロールパネルから仮想サーバーにプライベートIPアドレスをアタッチする方法 ならびに CentOS7系の場合のサーバー側の設定方法をご案内します。

・サーバー作成の際にプライベートIPアドレスを選択している場合、サーバーへのアタッチ
 ならびに ネットワークインターフェースの設定ファイルの作成は自動でおこなわれますので、
 本手順は不要となります。
・対象サーバーが停止時のみアタッチが可能です。
・アタッチ済みのネットワークセグメント内であれば、OS側でネットワークインターフェースの
 設定をおこなうことにより複数のプライベートIPアドレスの利用が可能です。
・異なるセグメントであれば、仮想サーバーに最大2個のプライベートネットワークをアタッチ
 することが可能です。

 操作手順

[ 1 ] 「cloud」内の左メニューより [仮想サーバー] を選択の上、「仮想サーバーリスト」の中から対象サーバーの先頭にチェックを入れます。
image
[ 2 ] プルダウンメニューの [一括操作] の中から [シャットダウン] を選択します。
image
[ 3 ] 問題がなければ [はい] をクリックします。
image
[ 4 ] 対象サーバーが停止したら、対象サーバーの [ネームタグ] をクリックします。
image
[ 5 ] 「ネットワーク情報」をクリックし、「ネットワーク」から [プライベートネットワーク] を選択の上、 [設定] アイコンをクリックします。
image
[ 6 ] 各項目をご選択の上、 [保存] をクリックします。
ステータス 「接続する」をご選択ください。
IPアドレス範囲 対象のネットワークをご選択ください。
接続IP 対象のIPアドレスをご選択ください。
セキュリティグループ 対象のセキュリティグループをご選択ください。
image
[ 7 ] プライベートIPアドレスのアタッチが完了すると以下のような情報が表示されます。
「接続IP」、「サブネットマスク」、「MACアドレス」は、サーバー側でネットワークインタフェースの設定をおこなう際に必要な情報になりますので、ご確認ください。
image

 サーバー側の設定手順(CentOS7系の場合)

[ 1 ] デバイス名を確認します。レスポンス結果からコントロールパネルの「ネットワーク情報」で表示されていた「MACアドレス」をもとにご確認ください。
# ip link show
[ 2 ] ネットワークインターフェースの設定ファイルを追加します。
以下ではデバイス名が「eth1」の場合とします。
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

DEVICE=eth1
TYPE=Ethernet
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
HWADDR=MACアドレス
IPADDR=プライベートIPアドレス
NETMASK=サブネットマスク
[ 3 ] ネットワークのリスタートをします。
# systemctl restart network
[ 4 ] 設定が反映されているか確認します。
# ip addr show


本リファレンスはGPUクラウドにてサーバーをご利用いただく場合の一例であり、お客様の運用やポリシーによってその限りではございません。
お客様のご利用用途に応じて必要な設定や操作をおこなってください。